天平宝字7年の干ばつ

災害年月日
0763年00月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
天平宝字7年(763)、干ばつ。続日本紀には「八月勅して曰く、去才霖雨、今年亢干五穀登らず、米価踊貴す、是により百姓稍飢饉に苦しみ加うるに疾疫を以て死亡数多、朕之を思い毎々情深くいたむ宜しく左右京五畿内七道諸国今年の田租を免すべし」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、3頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 続日本紀
NO.
高知773

よく似た災害

天平5年の干ばつ

天平5年(733)閏3月2日、紀伊、淡路、阿波等国(前年)干にあい殊に甚だしく五穀実らず宜しく今年の間大税を借し産業を続かしめよ。(「続日本紀」による... 続きを読む

天平5年の干ばつ

天平5年(733)閏3月2日、紀伊、淡路、阿波等国(前年)干にあい殊に甚だしく五穀実らず宜しく今年の間大税を借し産業を続かしめよ。(「続日本紀」による... 続きを読む

天平宝字7年の干ばつ

天平宝字7年(763)8月18日、干害が起こり、節度使を停止する。(「続日本紀」による) 続きを読む

天平宝字8年4月の干ばつ

天平宝字8年(764)4月16日、日照りで飢饉が起こり、救済される。(「続日本紀」による) 続きを読む

天平宝字8年8月の干ばつ

天平宝字8年(764)8月9日、干害が起こり、疫病が流行する。(「続日本紀」による) 続きを読む