弘安4年の風雨

災害年月日
1281年08月03日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
弘安4年(1281)7月18日、風雨。池川年代記には「18日、19日、古今稀なる風雨洪水にて山崩れ大木根こげ中折屋毎吹破られ野山は追々焼立の如く枯れ渡りすぎましきことなり」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、5頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 池川年代記 山崩れ
NO.
高知776

よく似た災害

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む

慶応2年の風雨

慶応2年(1866)6月27日~28日、風雨。長谷川文書には「此時の洪水無類也。先年寅の大変の時に一分もかわらず、池田より中町筋の御普請場迄一円の水な... 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により、6,200余軒破損、死者81人(「御家年代略記」による)。暁霞村史によると、国内の家損15,466軒、損... 続きを読む

弘安4年の風雨

弘安4年(1281)7月18日、古今稀なる風雨にて洪水、大木倒れ家屋吹き破れる。(「池川年代記」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む

弘安4年7月の風雨

弘安4年(1281)7月18日、風雨、洪水。(近県記事なし 続きを読む