天保3年の洪水

災害年月日
1832年07月12日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
天保3年(1832)6月15日、洪水。池川年代記には「6月霖雨14日より荒雨、15日より神雨甚しく少しも止む時なし、無上の洪水、山崩れ河沿いの諸作流る。17日四ツ時(10時)より快晴となり無上の干ばつ」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 池川年代記 山崩れ
NO.
高知791

よく似た災害

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日四ツ時(午前10時)から降り出し、8月朔日朝四ツ時まで大雨が続いた。八朔水と言われる。 続きを読む

天保3年6月の大雨

天保3年(1832)6月14日より17日まで神雨甚だしく、少しも止む時無し。無上の洪水により山岳崩れる。(「池川年代記」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む

文永2年の風雨

文永2年(1265)7月17日、風雨。池川年代記には「14日より17日朝の四ツ時(10時)まで風雨激しく止む時なく中にも17日無上の荒風にて大木根こげ... 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日四ツ時地大に震う。宇和島城楼破損、その他被害多し。 続きを読む

寛延2年の地震

image

寛延2年(1749)4月10日四ツ時、地大いに震い、宇和島城の城楼破損、その他被害多し。 続きを読む