慶応元年の干ばつ

災害年月日
1865年07月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
慶応元年(1865)6月、干ばつ。真覚寺日記によると、6月10日以後30日間に雨は2日のみとなっている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、56頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 真覚寺日記
NO.
高知797

よく似た災害

慶応元年の干ばつ

慶応元年(1865)、干ばつのため、6月10日より30日間で雨は2日間。 続きを読む

慶応元年の洪水

慶応元年(1865)6月22日、仁淀川洪水。(「真覚寺日記」による) 続きを読む

慶応元年の洪水

慶応元年(1865)6月22日、仁淀川洪水。(「真覚寺日記」による) 続きを読む

慶応元年5月の風雨

image

慶応元年(1865)5月29日、風雨。真覚寺日記には「五ツ(8時)頃より雨降る。晩方大雨、七ツ(16時)頃雲俄に動き浪高くなる。漁者あわてて船を陸に引... 続きを読む

慶応3年の水害

慶応3年(1867)6月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「雨は篠を乱せる如し、市中水深くして往来する者一人もなし」と記されている。 続きを読む