大正4年の干ばつ

災害年月日
1915年07月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
大正4年(1915)7月6日に梅雨が明けた後、好天続きで、31日までの雨日数は5日内外で、雨量は10~20ミリであった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、80頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知805

よく似た災害

昭和32年9月の低温・多雨

昭和32年(1957)9月、降雨日数は20日内外で、雨量も1,000ミリを越し、日照も少なかった。また、気温も低かったので、水稲二期作に被害を出した。... 続きを読む

大正15年の干ばつ

大正15年(1926)7月下旬から8月14日まで、雨日数は3日位で、引き続き月内の雨量少なく干ばつ傾向を示した。高知の月雨量は83ミリ、その反面高温で... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)7月13日から10月3日までの雨量は、7月192.7ミリ、8月12ミリ、9月10ミリであった。井戸は涸れ、水道は時間給水となり、... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

大正13年の台風

大正13年(1924)8月20日、九州を台風が襲った。高知市付近の雨量は90ミリであった。 続きを読む