大正9年7月の台風

災害年月日
1920年07月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)7月24日17時、台風が須崎付近から上陸し、松江に抜けた。県内の雨は24日午後から翌早朝に強く、東部は非常な豪雨で山崩れを起こした。24日の雨量は大滝501ミリ、本山485ミリ、地蔵寺423ミリ、桑尾410ミリを記録した。高知の鏡川の堤防が決壊した。立田村誌には「物部は戸坂島鳥井先より馬越の上まで堤潰、家一軒流、吉川村堤64間潰」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、84頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 鏡川堤防決壊 立田村誌 物部川堤防決壊
NO.
高知806

よく似た災害

大正4年の大雨

大正4年(1915)6月24日、大雨により物部川中上流で100ミリを越え、下流は氾濫となった。立田村誌には「大雨洪水で山田堰西部の主要部を一掃、堰裏か... 続きを読む

宝永4年の台風

宝永4年(1707)8月19日、土佐国内に大暴風雨があった。立田村では被害が非常に大きく、上咥内では竹が端堤防が決壊し、東西の田畑が残らず荒れ地となり... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)、暴風雨により中山川の堤防が決壊し、田畑が流失。(「田野村誌」等による) 続きを読む

大正4年の洪水

image

大正4年(1915)6月19日から25日まで雨が降り止まず、24日には物部川中上流で降水量が100ミリを越えたため、洪水が山田堰西部の主要棒を一掃し、... 続きを読む

明治32年7月の台風

明治32年(1899)7月8日14時、台風が鹿児島を、9日6時に佐田岬を通った。仁淀川中流では7日~9日の3日間雨量が900ミリ近くになり、洪水により... 続きを読む