大正15年の干ばつ

災害年月日
1926年07月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
大正15年(1926)7月下旬から8月14日まで、雨日数は3日位で、引き続き月内の雨量少なく干ばつ傾向を示した。高知の月雨量は83ミリ、その反面高温で農作物に若干影響した模様。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、88頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知807

よく似た災害

昭和22年の大雨

昭和22年(1947)7月12日~21日、連続降雨。高知の7月雨量は912ミリ。 続きを読む

昭和7年の台風

昭和7年(1932)8月10日より16日にかけて、長期の暴風雨が襲ってきた。雨量は高知市で100ミリ位、魚梁瀬で1,100ミリという氾濫ぶりを示した。... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月、梅雨期に入っても雨は少なく、7月も乾天の日が多く続き、小松島では月雨量が2ミリに過ぎず、徳島の15.7ミリも7月としては第2... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月、梅雨期に入っても雨は少なく、7月も乾天の日が多く続き、小松島では月雨量が2ミリに過ぎず、徳島の15.7ミリも7月としては第2... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風が足摺に上陸した。越知の雨量は14日~16日の3日間で604ミリで、大洪水となった。県下の死者は186人、全壊・半... 続きを読む