昭和5年の干ばつ

災害年月日
1930年05月00日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
昭和5年(1930)5月~10月、少雨の傾向が続く。このため多少干害となった。美良布村誌には「大干ばつ」と記されている。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、91頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 美良布村誌
NO.
高知808

よく似た災害

承応3年の干ばつ

承応3年(1654)、大干ばつ。高松藩の公式記録「英公外記」には「夏大干ばつ、また風雨ありて五穀実らず。町、郷とも飢人甚だ多し」と記されている。 続きを読む

正徳2年の大雨

正徳2年(1712)7月17日、大雨。南路志には「17日~20日、大雨止まず、洪水雷鳴、21日晩方は晴れる」と記されている。太平寺覚書には「7、10月... 続きを読む

寛文7年の風雨

寛文7年(1667)、風雨。高知県歴史年表には「西郡風雨損傷」と記されている。大野見村史には「洪水の為萩中河内大明神破損」と記されている。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、讃岐は大干ばつに襲われた。「全讃史」には「寛永三年閏四月七日、大風雨あり。爾後、雨降らず。・・・・(略)亢陽(日照り)すること九... 続きを読む

宝永3年の風雨

宝永3年(1706)6月25日、風雨。御家年代略記には「22日より雨、24、25日風雨甚大にして損毛8万余石」と記されている。南路志には「大雨、塩風夥... 続きを読む