昭和26年の干ばつ

災害年月日
1951年07月20日
市町村
高知県
災害種類
渇水  
概要
昭和26年(1951)7月20日~8月16日、優勢な太平洋高気圧におおわれて全国的に日照りが続いた。特に西日本がひどく、本県では36年ぶりの干天となった。被害は水稲29,563反、甘藷41,919反、とうもろこし8,812反に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、118-119頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知815

よく似た災害

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月20日から8月16日まで、太平洋高気圧におおわれて日照りが続き、本県では36年ぶりの干ばつとなった。被害は水稲29,563反... 続きを読む

昭和42年の干ばつ

昭和42年(1967)8月~9月、9年ぶりの旱害で、本町内の被害は1億円以上となった。 続きを読む

昭和40年の干ばつ

昭和40年(1965)7月~8月、62年ぶりの干ばつ被害甚大。 続きを読む

昭和42年8月の干ばつ

昭和42年(1967)8月、33年ぶりの干害被害が出て、農作物などの被害総額は250億円を超えた。 続きを読む

昭和35年の大雪

昭和35年(1960)12月30日、県西部は8年ぶりの大雪となった。 続きを読む