昭和28年7月の大雨

災害年月日
1953年07月16日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和28年(1953)7月16日から梅雨前線活動が激しくなり、連日の降雨が続き、特に20日~21日に集中した。被害は死者1人、家屋全壊1戸、半壊1戸、流失1戸、床上浸水322戸、床下浸水1,325戸、道路損壊1箇所、橋流失8箇所、堤防11箇所、山崩れ13箇所、木材流900石、田冠水4,213町、森林鉄軌決壊1箇所、船流失1隻に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、120-121頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 梅雨前線 死者 山崩れ
NO.
高知818

よく似た災害

昭和26年7月の大雨

昭和26年(1951)7月7日~16日、大雨が続き、四国・近畿地方で多くの被害を出した。香川県内の被害は、死者2人、行方不明1人、家屋の半壊3戸、流失... 続きを読む

昭和30年の大雨

昭和30年(1955)4月15日~16日、大雨。新田中井手川堤防決壊、橋流失1箇所、道路損壊1箇所、田畑冠水1町歩、床下浸水。 続きを読む

昭和28年6月の大雨

昭和28年(1953)6月25日12時から30日5時まで、低気圧に刺激されて梅雨前線が活発になって雨が降り続いた。4日間の雨量は窪川で435ミリ、梼原... 続きを読む

昭和40年の大雨

昭和40年(1965)9月13日~17日、西日本に停滞していた前線と台風24号が刺激して、四国地方は記録的な大雨となった。風害はほとんどなく、大雨のた... 続きを読む

昭和35年7月の大雨

昭和35年(1960)7月7日~8日の大雨により、西讃地方の雨量は200ミリ前後、東讃の雨量は100ミリ前後となり、西讃で被害が多かった。県下の被害は... 続きを読む