昭和29年の台風13号

災害年月日
1954年09月07日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和29年(1954)9月7日15時頃、台風13号が大隅半島東岸に上陸し、大分から山口に抜けた。県下では6日~7日の雨量が多いところで200~250ミリに達した。被害は道路8箇所、山崩れ4箇所、田冠水99町、畑冠水27町に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、122-123頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
高知827

よく似た災害

平成2年の台風19号

平成2年(1990)9月19日、秋雨前線が西日本に停滞しているところに、台風19号が接近したため、吉野川上下流域を通して全体的に降雨は多く、総雨量は3... 続きを読む

昭和29年6月28日の大雨

昭和29年(1954)6月28日~29日、県東部で大雨となった。2日間の雨量は多いところで400~500ミリとなった。被害は死者1人、行方不明者2人、... 続きを読む

明治36年の大雨

明治36年(1903)7月8日~9日、低気圧に伴い大雨となった。8日の雨量は中村・田野338ミリ、安芸313ミリ、窪川305ミリ、大栃296ミリ、土佐... 続きを読む

平成17年の台風14号

平成17年(2005)9月5日夜、台風14号の影響により、県西部と東部では大雨洪水注意報が警報に切り替えられた。5日午後9時頃、足摺岬では26.8mの... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風が土佐湾西岸沿いに北東進した。県内の雨は東部では8日から始まり、10日は多いところで雨量400ミリを越えた。須崎... 続きを読む