昭和34年7月の大雨

災害年月日
1959年07月14日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和34年(1959)7月14日~15日、出戻り梅雨のため局地的大雨が降り、特に物部川上流域では14日に1時間77ミリの豪雨が降った。被害は床下浸水30戸、田冠水33町、道路1箇所、山崩れ8箇所、通信1箇所に及び、早稲にいもち病、紋枯れ病が発生した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 出戻り梅雨 山崩れ
NO.
高知852

よく似た災害

昭和30年4月の大雨

昭和30年(1955)4月15日~16日、温寒両前線の通過に伴う大雨が断続した。被害は床上浸水4戸、床下浸水7戸、田冠水245町、畑13町、堤防1箇所... 続きを読む

昭和24年7月の大雨

昭和24年(1949)7月5日、低気圧に伴い大雨となり、特に室戸岬に豪雨が集中した。被害は半潰5戸、床上浸水10戸、床下浸水532戸、田冠水651町、... 続きを読む

昭和43年7月の大雨

昭和43年(1968)7月2日、台風3号の影響により梅雨前線の活動が活発となり、強い雨が降り出し、徳島市内で床下浸水などの被害があった。被害は床下浸水... 続きを読む

昭和43年7月の大雨

昭和43年(1968)7月2日、台風3号の影響により梅雨前線の活動が活発となり、強い雨が降り出し、徳島市内で床下浸水などの被害があった。被害は床下浸水... 続きを読む

昭和32年4月の大雨

昭和32年(1957)4月22日、低気圧により、山間部では150~200ミリの大雨となった。被害は床上浸水11戸、田冠水7町、道路15箇所、山崩れ7箇... 続きを読む