昭和35年の風雨

災害年月日
1960年04月20日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和35年(1960)4月20日、低気圧が四国中部と土佐沖に分かれて通ったため強風雨となった。高知では20日6時過ぎが最も強くなった。高岡町では1時間雨量が85ミリを記録し、高知市では19mの強風が吹いた。被害は家屋全壊1戸、半壊2戸、床上浸水803戸、田冠水300町、畑冠水34町、道路14箇所、堤防3箇所、山崩れ19箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、136頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 山崩れ
NO.
高知856

よく似た災害

昭和37年4月10日の風雨

昭和37年(1962)4月9日夜半、低気圧が通過し、10日に風雨による被害が発生した。9日の雨量は野根で157ミリ、高知で147ミリ、地蔵寺で136ミ... 続きを読む

昭和32年9月24日の豪雨

昭和32年(1957)9月24日、気圧の谷の通過により、県南西部では豪雨となった。土佐清水測候所では24日雨量299ミリを記録した。被害は床上浸水6戸... 続きを読む

昭和25年1月の風雨

昭和25年(1950)1月30日、発達した低気圧により、徳島で風は南17.4m、日雨量86ミリを記録した。被害は行方不明2人、家全壊2戸、田畑の流失・... 続きを読む

昭和25年1月の風雨

昭和25年(1950)1月30日、発達した低気圧により、徳島で風は南17.4m、日雨量86ミリを記録した。被害は行方不明2人、家全壊2戸、田畑の流失・... 続きを読む

昭和26年のマーシ台風

昭和26年(1951)8月19日~22日、台風11号(マージ台風)により、那賀川流域の多雨帯で各日100ミリ以上の大雨があり、水害となった。被害は家半... 続きを読む