昭和35年の集中豪雨

災害年月日
1960年06月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和35年(1960)6月21日~22日、梅雨前線が活発になり山間部で集中豪雨となり、轟では270ミリを記録した。被害は田冠水125町、畑冠水50町、山崩れ5箇所、船沈没1隻、伝馬船2隻に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、137頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 梅雨前線 山崩れ
NO.
高知857

よく似た災害

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和38年10月の集中豪雨

昭和38年(1963)10月25日、気圧の谷通過のため、県西部で集中豪雨となった。中村では24日~25日に401ミリを記録した。被害は田冠水100町、... 続きを読む

昭和28年7月の豪雨

昭和28年(1953)7月17日~21日、梅雨前線による大雨により、かなり出水した。被害は全壊1戸、半壊3戸、田冠水733町、畑冠水5町、道路3箇所、... 続きを読む

昭和28年7月の豪雨

昭和28年(1953)7月17日~21日、梅雨前線による大雨により、かなり出水した。被害は全壊1戸、半壊3戸、田冠水733町、畑冠水5町、道路3箇所、... 続きを読む

昭和32年9月24日の豪雨

昭和32年(1957)9月24日、気圧の谷の通過により、県南西部では豪雨となった。土佐清水測候所では24日雨量299ミリを記録した。被害は床上浸水6戸... 続きを読む