昭和37年6月の大雨

災害年月日
1962年06月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和37年(1962)6月21日明方から22日9時頃まで閉塞前線が四国地方に停滞したため強雨が降り続き、特に南西部で雨量が多かった。20日~21日の2日雨量は佐賀で387ミリ、窪川で223ミリ、須崎で213ミリであった。被害は家屋半壊1戸、床下浸水30戸、田冠水68町、道路9箇所、橋流失1箇所、山崩れ・崖崩れ8箇所に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、142頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 閉塞前線 山崩れ
NO.
高知867

よく似た災害

昭和33年2月の大雨

昭和33年(1958)2月1日~2日、低気圧が土佐沖を通過したため、全県下で強雨となり、特に西部、中部に集中した。2日の雨量は高岡、須崎、窪川で100... 続きを読む

昭和53年の大雨

昭和53年(1978)7月12日夜、集中豪雨が県中央部を襲った。高知市の時間雨量は90ミリを記録した。市内のほぼ全域にわたって家屋浸水や道路冠水の被害... 続きを読む

昭和28年6月の大雨

昭和28年(1953)6月25日12時から30日5時まで、低気圧に刺激されて梅雨前線が活発になって雨が降り続いた。4日間の雨量は窪川で435ミリ、梼原... 続きを読む

昭和51年8月の大雨

昭和51年(1976)8月9日未明から、高知県各地は強い雨に見舞われた。この雨は台風13号の影響によるものであった。また、安和海岸で遊泳中の大学生ら3... 続きを読む

昭和44年12月の大雨

昭和44年(1969)12月7日、二つ玉低気圧が東進し、県下は大雨となり、山崩れが2箇所であった。総降水量は川上174ミリ、小松島141ミリであった。... 続きを読む