昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月、月間の雨天日数が20~25日に達したため、被害は死者1人、家屋全壊2戸、半壊1戸、田冠水320町、畑61町、山崩れ14箇所、船沈没1隻に及んだ。また、6月に入っても20日までほとんど毎日降雨となり、被害を出した。麦の収穫期に連日降雨となったため、病害が起こり、ほとんど立ち腐れ、収穫皆無となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、143頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨 死者 山崩れ 麦不作
NO.
高知869

よく似た災害

大正10年の長雨

大正10年(1921)6月4日に始まった雨は7日にあがり、9日から再び降り出して7月2日までほとんど連続した。高知付近では降雨日数が28日になったとこ... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月初め頃から5月、6月とほとんど降り続け、長雨によって麦は結実せず、種子用の麦すら収穫できなかった。(篠原雅一氏の日記による)... 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)正月より4月5日まで、ほとんど降雨が続き、麦不作。 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)、長雨によって麦が不作になり、稲はウンカのためにほとんど壊滅状態となった。松山藩では、5,705人の餓死者を出し、藩主が幕府から... 続きを読む

万延元年の長雨

万延元年(1860)正月より4月5日まで、ほとんど降雨が続き、麦不作。(「新居郡誌」による) 続きを読む