昭和41年5月の大雨

災害年月日
1966年05月20日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和41年(1966)5月20日、九州南西海上の低気圧が非常に遅い速度で東に進み、石垣島南方海上の熱帯低気圧は北上を続けたため、本県に集風線が形成され、県下各地に局地的豪雨が発生した。佐喜浜では21日9時頃から1時間雨量63ミリ、日雨量694ミリを観測した。20日~22日の雨量は佐喜浜で908ミリ、野根で607ミリ、久礼で475ミリを記録した。被害は行方不明者1人、負傷者2人、家屋全壊13戸、半壊7戸、床上浸水147戸、床下浸水629戸、堤防決壊61箇所、山崩れ・崖崩れ67箇所等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、150-151頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 集風線 行方不明 堤防決壊 山崩れ
NO.
高知884

よく似た災害

昭和29年4月5日の大雨

昭和29年(1954)4月5日、低気圧が四国南岸を通過したため大雨となった。野根で219ミリ、窪川で183ミリの大雨を記録した。佐喜浜で浸水200戸、... 続きを読む

昭和32年9月9日の大雨

昭和32年(1957)9月9日~11日、大雨となった。3日間雨量は土佐清水で269ミリ、中村で262ミリ、野根で352ミリ、佐賀で287ミリ、佐喜浜で... 続きを読む

昭和36年6月の集中豪雨

昭和36年(1961)6月24日夜、佐喜浜を中心に集中豪雨があり、538ミリを記録した。また、24日の雨量は野根で460ミリ、田野で332ミリ、室戸岬... 続きを読む

昭和40年5月の大雨

昭和40年(1965)5月25日夜から降り出した雨は26日午後から夕刻にかけて集中豪雨となり、佐賀、佐喜浜では200ミリを越した。被害は死者1人、床下... 続きを読む

昭和14年9月の大雨

昭和14年(1939)9月16日、低気圧が四国を通過し、局部的な大雨となった。15日~16日の雨量は穴内で400ミリ、仁井田で358ミリ、後免で304... 続きを読む