慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、南関東沖を中心とする地震と、南海沖を中心とする二元の巨大地震があり、房総、八丈島、伊豆、遠江、阿波、土佐は津波に襲われる。阿波宍喰、鞆浦、土佐甲浦、崎浜、室津、浦戸、土佐佐賀及び幡多郡三崎を襲い、崎浜で50人、三崎で153人の死者あり。土佐関係の記事は崎浜の僧暁印の記録の引用である。/史料掲載:「北川文書」、「大方町史」、「佐賀町郷土史」、「土佐故事雑纂」、「土佐国編年略上」、「室戸町誌」、「土佐古今の地震」、「南路志」、「安芸郡史考」等
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、13-16頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
慶長地震 津波 死者 暁印置文 北川文書
NO.
高知929

よく似た災害

安政4年の地震

安政4年(1857)8月25日、伊予を中心とする地震があり、今治、松山、大洲、広島で被害あり。土佐の香美郡赤岡、吾川郡宇佐でも大地震を感じた。/史料掲... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日、伊予松山を中心とする強い地震あり、土佐は家屋に小被害あり、余震が3月下旬まで続く。/史料掲載:「燧袋」、「新井来助日記... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が発生した。土佐国では、崎浜で50人溺死、西寺、東寺の麓では400人、甲浦では350人溺死と、谷陵記に記録され... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震が起こり、東海、南海、西海の諸道で広範囲に被害が発生した。土佐の状況は「暁印置文」でその一端を知ること... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の地震が起こり、東海、南海、西海の諸道で広範囲に被害が発生した。土佐の状況は「暁印置文」でその一端を知ること... 続きを読む