宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、東海、南海、四国沖にわたる巨大地震が発生し、地震後、伊豆下田以西九州に至る海岸に津波が襲い、伊豆下田、熊野灘沿岸、紀伊沿岸、大阪、阿波、土佐での津波被害が特にひどかった。潰家・流失29,000戸、死者4,900人に及ぶ。地震後、室戸岬付近で隆起が、高知市付近で沈下が生じた。/史料掲載:「谷陵記」、「未世可相考事」、「土佐遺事雑纂上・中」、「丁亥変記」、「土佐国史談」、「土佐妖災記」、「南路志」、「高岡郡興津村誌」、「佐川町誌」、「土佐大震記」、「神社明細帳」等
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、19-87頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
宝永地震 津波 死者 地盤隆起・地盤沈下 谷陵記
NO.
高知935

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1854)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日14時頃、四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したと考えられている。高知県の被害は流家11,170軒、全壊4,866... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、諸国地震、土佐国最も激しく、田苑50余万頃没して海となり、津波を伴う。伊予の温泉止まる。土佐国吾川郡、長岡郡、高... 続きを読む

元禄16年の地震

元禄16年(1703)11月23日、南関東に大地震あり、津波の余波は土佐にも及ぶ。/史料掲載:「大変記」 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。津波による犠牲者は、高知市種崎で70... 続きを読む