文化9年の地震

災害年月日
1812年04月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
文化9年(1812)3月10日、伊予松山を中心とする強い地震あり、土佐は家屋に小被害あり、余震が3月下旬まで続く。/史料掲載:「燧袋」、「新井来助日記」、「森沢保如家文書」、「津野山異談続編」、「香北町史」
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、94-95頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
地震 燧袋 新井来助日記 森沢保如家文書 津野山異談
NO.
高知949

よく似た災害

宝暦12年の地震

宝暦12年(1762)9月2日、土佐に強い地震あり、小被害を伴う。同月中旬まで余震続く。/史料掲載:「森沢保如家文書」 続きを読む

寛政4年の台風

寛政4年(1792)7月26日、高岡郡に暴風雨、山崩れあり。/史料掲載:「池川年代記」、「津野山異談続編」 続きを読む

天保9年の山崩れ

天保9年(1838)、高岡郡東津野村に山崩れあり。/史料掲載:「津野山異談続編」 続きを読む

文化5年の風雨

文化5年(1808)6月25日、風雨。北川風土記には「杉林大傷み(新井来助日記)」と記されている。 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日戌上刻(20時)、県西部で地震強し。高知城の石垣も崩れる。(「宮地日記」、「津野山異談続編」による) 続きを読む