安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝9時頃、熊野灘、演習沖及び駿河湾奥までに及ぶ海域を震源とする巨大地震が発生し、その後大津波により多くの家屋が流失した。土佐でも強い地震を感じ、津波の余波を受けた。翌5日夕刻、四国沖、紀伊水道沖を震源とする巨大地震が起き、南近畿、四国の各地で倒壊家屋が出た。また、地震後南関東から九州に至る沿岸地方に大津波が襲い、紀伊、阿波、大阪、土佐の各地で流失家屋が出た。室戸岬付近では土地の隆起、高知以西の海岸では沈下が認められた。/史料掲載:多数
Googleマップ
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、100-197頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
安政東海地震 安政南海地震 津波 死者 地盤隆起、地盤沈下
NO.
高知957

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)、伊豆、相模を震源とする大地震により7日7夜、大津波があり、立江と櫛渕の境まで津波で魚が打ち上げられ、拾う人が多かったという。 続きを読む

安政元年の東海地震

安政元年(1854)11月4日、遠州灘を震源とする東海道大地震により、死者600人。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

安政元年の東海地震

安政元年(1854)11月4日、遠州灘を震源とする東海道大地震により、死者600人。(「大日本地震史料」による) 続きを読む

安政元年11月7日の地震

安政元年(1854)11月7日、豊後、豊前、伊予を震源とするM7.0の地震により、大洲、吉田で潰家があり。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月7日、三崎半島付近を震源とする地震が起こり、伊予大洲及び吉田で多くの潰家を生じた。 続きを読む