昭和48年7月の豪雨

災害年月日
1973年07月26日
市町村
高知県四万十町(大正町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和48年(1973)7月26日、豪雨により、住宅裏で崖崩れ2箇所、町道決壊1箇所の被害が出た。災害対策本部が設置された。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、258頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
豪雨 崖崩れ 災害対策本部
NO.
高知969

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月16日、台風5号により、町内の被害額は1億9,870万円余となった。被害は家屋の全壊2戸、一部損壊17戸、浸水5戸、崖崩れ1... 続きを読む

昭和53年の干ばつ

昭和53年(1978)8月、干ばつ。愛媛県下で干ばつ対策本部が設置。 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)7月、降水量が少なく、18日には愛媛県渇水対策本部が設置された。菊間町でも、7月15日の干害被害状況調査で、柑橘、キウイ、野菜につ... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月12日18時30分、台風12号に伴う暴風警報が発令され、13日に役場内に対策本部設置された。(「町見村日誌」による) 続きを読む

昭和55年の大雪

昭和55年(1980)12月30日、大雪。八幡浜観測所の最深積雪28cm、農作物(果樹の樹体)に被害。30日に雪害対策本部を設置、被害総額700万円。... 続きを読む