昭和49年の台風16号

災害年月日
1974年09月01日
市町村
高知県津野町(葉山村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和49年(1974)9月1日、台風16号が須崎付近に上陸し、ゆっくり北上したため、降雨時間が長く、葉山村各所で崖崩れや浸水が続出した。道路は山崩れのため寸断され、住家にも土砂が流入する状況であった。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、261頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 崖崩れ
NO.
高知972

よく似た災害

享保7年8月の台風

享保7年(1722)8月14日、23~24日に台風が来襲し、各地の堤防は崩れ、山崩れの被害が続出した。稲は倒れ不作となり、路傍に難民があふれる窮状とな... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

image

昭和36年(1961)10月26日から27日にかけての集中豪雨により、室戸峠一帯の山が崩れ、土砂で道路は埋没した。内海地区では草壁、安田、苗羽がひどく... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、県下全域が集中豪雨に見舞われ、国鉄土讃本線が土砂崩れにより寸断され、平野部でも浸水被害が続出した。高知市では9日午後3... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、台風8号により、県東部及び小豆島を中心に強い雨が降り始め、各河川は増水し、満潮と重なり各所で溢水、破堤し、床上浸水、床... 続きを読む

昭和31年のバプス台風

昭和31年(1956)8月16日~17日のバプス台風により、落合中学校に被害、久保の県道は山崩れのため埋没。 続きを読む