昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月08日
市町村
高知県中土佐町(大野見村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)8月8日から9日にかけて、のろのろと移動する台風9号の影響で、局地的な豪雨となり、降雨量は大野見村で700ミリ、上流の船戸では980ミリとなった。渡川は増水して危険水位を突破し、奈路橋を渡ることも危険となり、谷川の水も氾濫して土砂を流した。9日朝には喜田と音場地区に避難命令が出され、正午頃には渡川の水位は上がり泥海化し、田畑は冠水、家屋は浸水、橋は流失、山崩れ、崖崩れが各所で起き、交通は寸断されるなど、明治23年以来の大洪水となった。
Googleマップ
参考文献
高幡消防組合編集委員会編「高幡消防 25年の歩み」(高幡消防組合消防本部、1997年)、270-272頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 四万十川 洪水 山崩れ
NO.
高知975

よく似た災害

昭和52年の台風7号

昭和52年(1977)8月25日、台風7号が九州南部を横断し、足摺西南西海上で停滞して熱帯低気圧となった。須崎市では新荘川の支流の依包川の水位が上昇し... 続きを読む

昭和23年の大雨

昭和23年(1948)8月23日~26日、熱帯低気圧の影響で大雨となった。23日~26日の4日間の雨量は具同311ミリ、好藤320ミリ、大正365ミリ... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月、猛烈な枕崎台風により、坂本の背割堤及び佃築堤が被災し、19万円余被害となった。渡川の坂本の水位は18日4時で8.47m(具... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月14日から16日正午頃まで、第二室戸台風のために雨が降り続いた。冬畑では鉄砲水により2戸が倒壊、7橋が破損、大谷川の北橋が流... 続きを読む

昭和36年10月の大雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、大雨により、舟戸の降雨量は448ミリ、渡川の水位7.9m。 続きを読む