大正9年の洪水

災害年月日
1920年08月14日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月14日昼から夜半にかけて、大雨が降り続き、当時の記録では雨量は403ミリと記録されている。このため、北幡地区を除く佐賀町以西宿毛町に至る県道沿線一帯の地と南部地方は洪水に加えて、未曾有の山崩れがあり、谷の水は土砂を運んで田畑、住家、道路、堤防を埋めあるいは流し、人畜の死傷、農作物の損害などをもたらした。稲作は約三分作と言われるところもあって、郡内各町村を通じて平均四分の減収であったという。古老の災害体験記が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
佐賀町農業協同組合「佐賀町農民史」編集委員会編「佐賀町農民史」(佐賀町農業協同組合、1983年)、942-950頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山崩れ 死者 災害体験記
NO.
高知984

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月14日、前日からの雨が大雨となり、昼から夜半にかけて降り続き、雨量は403ミリに達したと記録されている。このため、北幡地を除く... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月、台風16号が室戸に上陸し、172億円の被害をもたらした。被災写真が掲載されている。 続きを読む

昭和57年の台風13号・19号

昭和57年(1982)8月に台風13号、9月に台風19号が連続して来襲し、浸水などの被害をもたらした。被災写真が掲載されている。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海道大地震が直撃し、大きな被害をもたらした。被災写真が掲載されている。 続きを読む

大正12年の豪雨

大正12年(1923)7月11日から12日にかけて、梅雨前線が低気圧に刺激されて活発になり、県下に豪雨をもたらした。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む