慶長9年の地震

災害年月日
1604年00月00日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)、地震。室戸岬と潮岬の中間沖合が震源地。
Googleマップ
備考
原資料では憲長9年(1605)となっているが、慶長9年(1604)に修正した。
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、89頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震
NO.
高知1022

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震により土佐甲ノ浦、崎浜、室戸岬等で死者800人以上。(「日本の地震活動」による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震。県内では室戸岬や甲浦などで、津波で800余人死亡の記録が残っている。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日午後8時頃、房総半島東沖と室戸岬沖の2つを震源としたM7.9の地震が同時に起き、大津波による被害が犬吠岬から九州に至る... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日午後8時頃、房総半島南東沖と室戸岬沖に2つの震源をもつM7.9の大地震が同時に発生し、これに伴う大津波が犬吠岬から九州... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日午後8時頃、房総半島南東沖と室戸岬沖に2つの震源をもつM7.9の大地震が同時に発生し、これに伴う大津波が犬吠岬から九州... 続きを読む