宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと伝えられている。「谷陵記」によると、津波の高さは土佐で20m余と記されている。足摺岬でも、この地震によって中塚は陥没し、礁になったとの伝説がある。
Googleマップ
備考
原資料では宝永4年10月14日となっているが、10月4日に修正した。
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、89頁及び91-92頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
宝永地震 亥の大変 津波 谷陵記 中塚陥没
NO.
高知1023

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午過ぎ、M8.4の南海地震が起こった。万変記によると、4日から5日にかけて11、2回大津波が襲い、種崎では波高20mに達... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午過ぎ、M8.4の南海地震が起こった。万変記によると、4日から5日にかけて11、2回大津波が襲い、種崎では波高20mに達... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道沖大震(M8.4)により、潰家死傷夥し。九州南岸より伊豆まで津波を受ける。土佐での高さ20m余、土佐西南部所々陥... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日巳の刻(午前10時)に大地震が発生し、土佐国中で死者1,000人余と伝えられている。特に上の加江や矢井賀、志和村では山際... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日、地震が起こった。須崎市糺町の宝永津浪溺死之塚には、溺死者400人余と記されている。また、須崎八幡宮の木札には、宝永地震... 続きを読む