明治23年の豪雨

災害年月日
1890年09月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月9日午後3時頃から降り始めた雨は10日にやや激しくなり、11日には豪雨となった。四万十川、後川の水量は増加し、低地はもちろん上町、本町辺りも瞬く間に浸水した。人々は山に逃れたが、避難中に船が転覆して9人が死亡した。また、屋後の山の崩壊で3人が圧死した。中村町役場の記録によると、被害は田損地86町余、畑損地70町余、変死人13人、本家流失45戸、全倒13戸、半倒13戸、大破279戸、堤防破壊269軒、道路破損22軒、大破335軒、船舶流失6艘等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
中村町役場編「中村町史」(中村町役場、1950年)、212-214頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 四万十川 後川 死者 山崩れ
NO.
高知1039

よく似た災害

昭和29年の突風

昭和29年(1954)9月14日午前4時頃、住宅が倒壊し、下敷きになった1人が圧死した。 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風による豪雨のため、四万十川、後川の水量は頻りに増加し、低地はもちろん上町、本町辺りも瞬く間に浸水した。(「中村町... 続きを読む

明治18年の茶園嶽の崩壊

明治18年(1886)7月1日、紀伊半島に上陸した台風により、阿讃山脈に集中的な豪雨があった。この時、曽江谷川沿いの茶園嶽で60町の大崩壊が発生し、人... 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、11日には豪雨となって、渡川と後川の水量が増し、京町までも浸水した。明治19年の洪水よりも水... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風により豪雨がものすごくなり、四万十川、後川の水量は増加し、低地はもちろん、上町、本町辺りも瞬く間に浸水した。被害... 続きを読む