昭和41年5月の土砂崩れ

災害年月日
1966年05月23日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和41年(1966)5月23日、集中豪雨による土砂崩れのため、国道32号が大豊村小川で、土讃線が大杉~大王間で不通となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局土佐国道工事事務所編「土佐国道二十年史」(四国建設弘済会、1983年)、304頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
集中豪雨 国道32号 小川 土讃線 不通
NO.
高知1050

よく似た災害

昭和41年5月23日の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、国道32号が大豊村小川で土砂崩れにより、17日間不通となった。 続きを読む

昭和41年6月の土砂災害

昭和41年(1966)6月1日、雨で地盤が緩み、国道32号と土讃線が不通となった。 続きを読む

昭和37年の土砂崩れ

昭和37年(1962)2月20日、土砂崩れで不通となっていた土讃線の土佐岩原~豊永間の復旧工事現場で、山半分が消し飛ぶ大規模な山崩れが発生し、国鉄職員... 続きを読む

昭和37年2月の土砂崩れ

昭和37年(1962)2月20日早朝、土讃線土佐岩原~豊永間(大豊村八川)で大きな土砂崩れがあり、線路工死者1人、行方不明者1人を出した。開通に約1ヶ... 続きを読む

昭和37年4月2日の集中豪雨・土砂崩れ

昭和37年(1962)4月2日夜半から3日朝にかけて、気圧の谷の通過に伴い風雨が強まった。特に中部地区で集中豪雨となり、天坪・平石では250ミリを観測... 続きを読む