昭和41年6月の土砂災害

災害年月日
1966年06月01日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和41年(1966)6月1日、雨で地盤が緩み、国道32号と土讃線が不通となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局土佐国道工事事務所編「土佐国道二十年史」(四国建設弘済会、1983年)、304頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
土砂災害 国道32号 土讃線
NO.
高知1051

よく似た災害

昭和41年5月の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、集中豪雨による土砂崩れのため、国道32号が大豊村小川で、土讃線が大杉~大王間で不通となった。 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、辻小学校の運動場が水深80cm、大久保農道が58m地すべりとなり、井川町内60箇所で被害が出た。徳島... 続きを読む

昭和41年5月21日の土砂災害

昭和41年(1966)5月21日、県東部で集中豪雨による惨禍。国道55号は室戸から佐喜浜にかけて寸断され、各所で山津波が発生し、10日間不通となった。... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月8日~9日、台風18号は特に国道32号沿いに豪雨をもたらし、土佐山田町繁藤では雨量が395ミリに達した。このため国道32号は... 続きを読む

昭和41年5月23日の土砂崩れ

昭和41年(1966)5月23日、国道32号が大豊村小川で土砂崩れにより、17日間不通となった。 続きを読む