昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月09日
市町村
高知県
災害種類
土砂災害  
概要
昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、県内に被害(土讃線不通、死者3人)。
Googleマップ
参考文献
高知新聞企業編「土佐国道事務所40年のあゆみ-人とまちと自然を結ぶ土佐の回廊-」(国土交通省四国地方整備局土佐国道事務所、2003年)、104頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 土砂災害 土讃線不通 死者
NO.
高知1062

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、県内に被害(死者・行方不明77人)。 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により、辻小学校の運動場が水深80cm、大久保農道が58m地すべりとなり、井川町内60箇所で被害が出た。徳島... 続きを読む

昭和16年のがけ崩れ

昭和16年(1941)10月1日、台風により、大豊町でがけ崩れが起こり、被害は死者7人に及び、土讃線が3日間不通になった。(吉野川上・中流域の主な土砂... 続きを読む

昭和41年6月の土砂災害

昭和41年(1966)6月1日、雨で地盤が緩み、国道32号と土讃線が不通となった。 続きを読む

平成11年の台風18号

平成11年(1999)9月23日~24日、台風18号により、建物一部破損1戸(湊浦)、全域で停電2,810世帯、電話回線不通9世帯。 続きを読む