昭和21年の台風

災害年月日
1946年07月29日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を北上した。川内村大内の堤防決壊し、家屋流失10数戸、死者3人。大崎村では山崩れにより死者2人、伊野町では床上浸水1,200戸。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省高知工事事務所編「高知工事事務所四十年史」(四国建設弘済会、1987年)、348頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 堤防決壊 死者 山崩れ
NO.
高知1079

よく似た災害

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、仁淀川は洪水となり、新川堤防が76mと200mにわたって2箇所決壊した。川内村では大内の堤防が決壊し、流... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、豊後水道を通った台風により、仁淀川が氾濫して大被害となり、雨量は長者534ミリ、越知536ミリ、池川467ミリとなっ... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風により、川内村の大内堤防決壊で流失家屋10数戸、死者3人、大崎村の山崩れで死者2人、伊野町で床上浸水1,200戸... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道から愛媛西部をかすめて北上した。28日~29日の雨量は東津野で716ミリ、長者で534ミリ、越知で53... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、東津野で700ミリ、魚梁瀬で600ミリを越えた。幡多郡では... 続きを読む