宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県黒潮町(大方町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、南海道沖大震。巳の上刻に大地震あり、いかなる丈夫達者たりとも歩行ならず。山々崩れ土煙四方に起こり、忽ち闇夜の如くにして方角を失い、泣き叫ぶ有様は魂魄何の所に止まらんや。大地割れて底より潮水湧出で、人家倒れあるいは崩れ、無難の在家は一軒もなし。山里の賤が夫家業の為山へ行きけるに、崩るる岩石に圧されて死する者数を知らず。未の刻より大潮溢れ入り人家流失す。死人桴の如く牛馬皆死す。(宮地直知(入野)「地震大潮記」による)
Googleマップ
備考
原資料では月日をグレゴリオ暦で表記しているが、ユニウス暦で示した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省四国地方建設局中村工事事務所編「渡川改修四十年史」(四国建設弘済会、1970年)、657-658頁
情報源の種類
事業誌
キーワード
宝永地震 山崩れ 津波 死者 地震大潮記
NO.
高知1094

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃、大地震が起こった。山々は崩れ、大地は割れ、潮水はあふれ出て、人家は倒壊し、山里の者は崩れた土砂や岩石に打た... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午前10時頃、大地震が起こった。山々は崩れ、大地は割れ、潮水はあふれ出て、人家は倒壊し、山里の者は崩れた土砂や岩石に打た... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日昼過ぎに大地震が起こり、「万変記」によると、当日から翌日にかけて11、2回の大津波が襲ったようである。羽根では正午頃俄に... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、その後津波が襲来した。宮地直知(入野)の「地震大潮記」によると、巳の上刻に大地震があり、達者な人でも歩... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こり、1時間ほどして津波が襲来した。宮地直知(入野)の「地震大潮記」によると、巳の上刻に大地震があり、達者な... 続きを読む