宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県土佐市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)、M8.4の地震により、土佐市宇佐町では400余人の死者を出した。また、宇佐町では安政元年(1854)のM8.4の地震では70余人、昭和21年(1946)のM8.0の地震では1人の死者を出した。この論文では、宇佐町を対象として、津波の数値計算と人的被害予測シミュレーションを実施し、津波による人的被害最小化因子の影響度を総合的に評価しうる手法について考察が行われている。
Googleマップ
参考画像
参考文献
志方建仁・村上仁士・上月康則・大谷寛・宮本大輔「津波による人的被害最小化因子の影響度評価について」(土木学会海岸工学委員会編「海岸工学論文集Vol..52」2005年)、281-285頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 安政南海地震 昭和南海地震 宇佐町 津波
NO.
高知1109

よく似た災害

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)、M8.4の地震により、土佐市宇佐町では400余人の死者を出した。また、宇佐町では安政元年(1854)のM8.4の地震では70余人... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。徳島県では、宍喰で11人が流死し、浅... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。津波による犠牲者は、高知市種崎で70... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震・津波により、内陸部では地震で、沿岸部では津波で多くの死者を出した。津波による犠牲者は、高知市種崎で70... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。高知県では須崎市で60余人、甲浦で... 続きを読む