平成10年9月の豪雨

災害年月日
1998年09月24日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成10年(1998)9月24日から25日にかけて、高知県では局地的に激しい雨が降った。特に県中部では24日21時から25日4時にかけて1時間70ミリを超える豪雨が続いた。大豊町戸手野では国道32号の法面が崩壊した。
Googleマップ
参考文献
日浦啓全「平成10年9月の高知県豪雨災害における降雨状況について」(砂防学会編「砂防学会誌Vol.52-2」砂防学会、1999年、所収)、21-26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
豪雨 戸手野 国道32号 法面崩壊
NO.
高知1132

よく似た災害

平成10年9月の豪雨

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて、高知県では局地的に激しい雨が降った。特に県中部では24日21時から25日4時にかけて1時間70ミリ... 続きを読む

平成10年9月の豪雨

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて、高知県では局地的に激しい雨が降った。特に県中部では24日21時から25日4時にかけて1時間70ミリ... 続きを読む

昭和30年の豪雨

昭和30年(1955)6月18日から19日にかけて、比較的短時間に県下各地で100~150ミリに達する豪雨があり、かなり被害を受けた。 続きを読む

平成21年11月の豪雨

平成21年(2009)11月10日深夜から11日未明にかけて1時間に50ミリ以上の雨が降り、本町の国道32号が一時通行止めになった。 続きを読む

平成13年の豪雨

平成13年(2001)6月19日、梅雨前線による豪雨のため、松山で1時間降水量が40ミリを超える雨が数時間続き、総降水量が262ミリに達した。このため... 続きを読む