平成10年の土砂災害

災害年月日
1998年06月18日
市町村
高知県安田町
災害種類
土砂災害  
概要
平成10年(1998)6月18日、安芸郡安田町の与床地区で地すべり性崩壊が発生した。斜面は安田川に面した東向き斜面であり、崩壊は標高160m付近から始まり最終的には標高195m地点まで達した。崩壊の幅は約55m、厚さは最大で約9m、崩壊土砂量は推定1万立米と見込まれる。6月4日に前兆現象が観測されたため、伸縮計の設置やビデオカメラでの撮影が行われ、崩壊の瞬間の貴重な記録が得られた。この研究では伸縮計の記録の解析、崩壊後の現地調査と室内実験を行ったが、その結果の第1報である。
Googleマップ
参考文献
日浦啓全・潘暁波・谷岡孝雄・鍋島哲彦「四万十層群の斜面崩壊の事例研究ー与床崩壊を例としてー(第1報)」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.48」砂防学会、1999年、所収)、132-133頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
斜面崩壊 与床 前兆現象 ビデオ撮影
NO.
高知1141

よく似た災害

平成23年の台風6号による土砂災害

平成23年(2011)7月19日、台風6号に伴う豪雨により、北川村で多数の斜面崩壊が発生した。人的被害はなかったものの、約4km×2kmという狭い範囲... 続きを読む

平成11年の土砂災害

image

平成11年(1999)6月29日、集中豪雨により、善徳地すべり地Z6ブロックの大師堂周辺で多数の斜面崩壊が発生した。斜面崩壊の誘因の一つに地下水の関与... 続きを読む

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)10月20日の台風23号により、三木町では累加雨量325ミリの降雨に見舞われた。公園開発工事が中断されていた白山(標高203m)... 続きを読む

平成11年の土砂災害

平成11年(1999)6月29日、梅雨前線豪雨により、祖谷川流域では崩壊面積500㎡以上の比較的大きな山腹崩壊は「とびのす谷」の3箇所を含めて11箇所... 続きを読む

平成10年2月の土砂災害

平成10年(1998)2月22日~23日夜までに、八川の山の斜面が高さ60m、幅40mにわたって崩壊し、林道谷間~豊永線をふさいだ。 続きを読む