昭和3年の土石流

災害年月日
1928年08月30日
市町村
高知県大豊町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和3年(1928)8月30日午前10時頃、夜来の暴風雨のため、筏木の山が大音響とともになだれ落ち、土石流のため一家8人が吉野川に押し流された。人々が駆けつけた時には、家は数町も下流に流されており、吉野川の濁流はものすごい勢いの上に、風雨も激しく救助のすべもなかった。31日になって、水勢もやや衰え、青年団や村民総出で捜索に当たったが、一人の遺体を発見したのみで、他の7人は行方不明であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 近代現代編」(大豊町教育委員会、1987年)、842頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 筏木 土石流 吉野川 死者
NO.
高知1150

よく似た災害

昭和47年9月の土石流

昭和47年(1972)9月8日、秋雨前線と熱帯低気圧により、大川村の上小南川・川口で土石流が起こり、被害は死者2人、軽傷者4人、全半壊3戸、発電所不能... 続きを読む

平成11年の土石流

image

平成11年(1999)6月29日、梅雨前線により、西祖谷山村善徳で土石流が起こり、被害は家屋全壊1戸、一部破損1戸、県道不通5日に及んだ。被災写真が掲... 続きを読む

平成11年の善徳の土石流

平成11年(1999)6月29日、梅雨前線による豪雨のため、西祖谷山村のとびのす谷で土石流が発生し、ホテルの一部が損壊、土産物屋が全壊したほか県道が1... 続きを読む

昭和3年の土石流

昭和3年(1928)8月30日、台風により、大豊町字筏木で土石流が起こり、被害は死者8人、全壊1戸、橋梁流出1橋に及んだ。(吉野川上・中流域の主な土砂... 続きを読む

昭和47年9月の土石流

昭和47年(1972)9月8日、秋雨前線と熱帯低気圧により、土佐町田井で土石流が起こり、被害は死者2人、負傷者3人、家屋全壊2戸に及んだ。(吉野川上・... 続きを読む