明応7年の地震

災害年月日
1498年09月20日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
地震・津波  
概要
明応7年(1498)8月25日、地震。アゾノ・船戸遺跡(高知中村)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。
Googleマップ
参考文献
徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか編「南海地震に係る調査報告書」(徳島経済同友会・香川経済同友会・愛媛経済同友会・土佐経済同友会ほか、2009年)、12頁
情報源の種類
その他文献
キーワード
地震 アゾノ・船戸遺跡 墳砂
NO.
高知1184

よく似た災害

明応7年の地震

明応7年(1498)8月25日、地震。アゾノ・船戸遺跡(高知中村)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。 続きを読む

明応7年の地震

明応7年(1498)8月25日、地震。中島田遺跡(徳島市)及び宮ノ前・古城遺跡(徳島板野)の発掘調査の墳砂の跡より年代推定。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.0~8.5の地震。板野町の川端遺跡より噴砂の跡。 続きを読む

慶応2年の板川(いたご)の崩壊

慶応2年(1866)8月6日、寅年の大水により、板川(いたご)谷左岸の山が崩壊し、土石流で田が埋まり、牛小屋と牛がつぶされた。堆積土砂の跡は「カワラ」... 続きを読む

明応7年の地震

明応7年(1498)6月11日、大地震あり、地すべりまたは土地陥没の所多かった。黒島(今の新居浜市)では一番激しく、土地が大いに陥没、崩壊し、面積の4... 続きを読む