明治9年の雷雨

災害年月日
1876年10月31日
市町村
高知県四万十川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治9年(1876)10月31日、雷雨により、中筋川、後川の川筋等山崩れ多く、没家、圧死者多数。(四万十川の主な洪水の歴史による)
Googleマップ
参考文献
国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院編「川と人との歴史ものがたり」(国土交通省四国地方整備局・国土交通省国土地理院、2003年)、87-88頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
雷雨 中筋川 後川 山崩れ 死者
NO.
高知1198

よく似た災害

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月15日、洪水により、死者8人。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)8月26日~28日、洪水氾濫。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)8月4日、洪水により、死者37人、流失家屋2,037戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)8月10日、洪水により、死者83人、流失家屋181戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、全壊・流失家屋95戸、損壊家屋22戸。(四万十川の主な洪水の歴史による) 続きを読む