平成11年の椿山地すべり

災害年月日
1999年07月00日
市町村
高知県仁淀川町(池川町)
災害種類
土砂災害  
概要
平成11年(1999)7月~8月、梅雨前線により、最大時間雨量84ミリ、最大日雨量490ミリ、連続雨量1,039ミリを記録し、仁淀川町(池川町)の椿山で地すべりが発生した。堰堤、町道が被害を受けた。
Googleマップ
参考文献
日本応用地質学会中国四国支部編「中国四国地方の応用地質学」(日本応用地質学会中国四国支部、2010年)、86頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
地すべり 梅雨前線 池川町椿山
NO.
高知1248

よく似た災害

大正9年の肥土山の地すべり

大正9年(1920)5月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む

昭和17年の肥土山の地すべり

昭和17年(1942)8月、肥土山地区で地すべりが発生し、農地が被害を受けた。 続きを読む

明治15年の肥土山の地すべり

明治15年(1872)9月、肥土山地区で地すべりが発生し、民家5戸が倒壊、農地約50haが被害を受けた。 続きを読む

明治15年の地すべり

明治15年(1882)9月、町内で地すべりが起こり、民家5戸が倒壊、農地約50haが被害を受けた。 続きを読む

昭和29年の地すべり

昭和29年(1954)6月、町内で地すべりが起こり、5haの農地と水路、道路、ため池などが被害を受けた。 続きを読む