平成10年の高知水害

災害年月日
1998年09月24日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成10年(1998)9月24日~25日、高知県地方は県中部を中心に記録的な豪雨となり、土砂崩れや家屋浸水などの被害が続出した。被害が集中した高知市では、24日午後9時からの1時間雨量が112ミリ、最大1日雨量が861ミリと観測記録を更新した。高知県災害対策本部によれば、10月22日現在で県内の被害は死者8人、床上浸水13,442戸、床下浸水10,235戸、公共施設等被害686億円である。犠牲者8人のうち、土砂崩れによる犠牲者は1人で、溺死者が多かったこと、60歳以上が多かったことが特徴であった。
Googleマップ
参考文献
岩貞光祐・佐々木慶太・村上雅博「98高知水害における河川構造物被害と多自然型護岸」(土木学会四国支部編「土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集Vol.5」土木学会四国支部、1999年、所収)、128-129頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
高知水害 土砂崩れ 死者
NO.
高知1264

よく似た災害

平成10年の高知豪雨水害

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて秋雨前線により、高知県の中部一帯は記録的な集中豪雨に見舞われた。このため、河川堤防からの越流、主要道... 続きを読む

平成13年の高知県西南部豪雨

平成13年(2001)9月、秋雨前線により、最大時間雨量110ミリ、連続雨量577ミリを記録し、高知県西南部地域で斜面崩壊、土石流、氾濫が発生した。被... 続きを読む

平成10年の高知豪雨災害

平成10年(1998)9月24日から25日にかけて、秋雨前線により、県中央部は記録的な豪雨に見舞われ、高知市では24日午後9時からの1時間雨量が112... 続きを読む

平成10年の高知豪雨

平成10年(1998)9月25日、秋雨前線豪雨(高知豪雨)により、深渕上流12時間雨量は266ミリ、深渕地点流量は約3,700立米/秒となった。隣接す... 続きを読む

平成10年の高知豪雨

平成10年(1998)9月24日~25日の高知豪雨では、時間100ミリを超える降雨により土砂災害が多発したが、時間帯が夜間であったこと、また浸水被害が... 続きを読む