宝永4年の地震による土砂災害

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、東南海地震(M8.4)と南海地震(M8.4)がほぼ同時に発生した。四国など太平洋岸では地震動と津波による甚大な被害を蒙った。土佐国では土砂災害が多数発生した。「谷陵記」には「山穿て、水を漲らし川埋りて丘となる」とあるが、具体的な記述に乏しく、発生場所を特定できなかった。
Googleマップ
参考文献
岡本敦・岩男忠明・中山正一・井上公夫・小川洋「四国山地の江戸時代以降における土砂災害の分布とその特性」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.53」砂防学会、2004年、所収)、310-311頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
宝永地震 土砂災害 谷陵記
NO.
高知1295

よく似た災害

宝永4年の地震による加奈木崩れ

image

宝永4年(1707)10月4日、東南海地震(M8.4)と南海地震(M8.4)がほぼ同時に起こり、室戸市の佐喜浜川上流では加奈木崩れが発生した。 続きを読む

安政元年の南海地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、土佐町の宮古野集落の裏山崩壊、地蔵寺川沿いの崩壊・落石が発生した。 続きを読む

安政元年の南海地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、佐川地方の虚空蔵山(こくぞうさん)で頂上の光岩が裂けたと言われているが、現地調査では確認で... 続きを読む

宝永4年の地震による崩落

宝永4年(1707)10月4日、東南海地震(M8.4)と南海地震(M8.4)が起こり、「宝永地震記」によれば、越知町横倉・別府山二の宮の山で40~50... 続きを読む

安政元年の地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日の南海地震に伴う土砂災害により、三崎村で天然ダムが形成されたと言われている。現地調査等の結果、地震により三崎川上流で大規... 続きを読む