仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、南海道沖で地震が起こり、津波を伴った。津波による被害は摂津で最も甚だしかった。四国の被害に関しては何らの記載もないが、震害、浪害ともにあったと推測される。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、6頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
仁和地震 津波
NO.
高知1313

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、四国、紀伊半島、大阪湾一帯が津波に襲われたが、四国の詳細な被害の記録は残されていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、M8.6の地震が発生し、四国、紀伊半島、大阪湾一帯が津波に襲われたが、四国の詳細な被害の記録は残されていない。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む