慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震。震源は今村博士によれば、南海道沖と東海道沖の二元なりという。地震は甚だしくなかったようであるが、津波は関東より九州東岸に及び、四国でも津波による被害が甚だしかった。阿波鞆浦では浪高10丈、死者100人余、宍喰では死者1,500人余、甲浦死者350人、崎浜その他でも多数の死者を生じた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鷺坂清信「歴史時代における四国地方の地殻変動について(第一報)」(四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会編「四国地方地盤変動調査報告書 第一輯」四国地方綜合開発委員会地盤変動調査専門委員会事務局、1949年、所収)、7頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 死者 甲浦 佐喜浜
NO.
高知1315

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震。震源は今村博士によれば、南海道沖と東海道沖の二元なりという。地震は甚だしくなかったようであるが、津波は関東より... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、ほぼ同時に2つの地震が起きたとみられ、津波は犬吠岬から九州に至る太平洋沿岸を襲った。阿波鞆浦では波高10丈(約30m... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

正平16年(1361)6月24日、南海道沖で地震が起こり、大津波を伴った。四国では阿波、土佐の沿岸で津波の被害あり、中でも由岐では家屋1,700余流失... 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

正平16年(1361)6月24日、南海道沖で地震が起こり、大津波を伴った。四国では阿波、土佐の沿岸で津波の被害あり、中でも由岐では家屋1,700余流失... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、南海道沖大震、地震い大津波あり。死者5,000人に上り、崎の浜、甲浦、阿波宍喰で溺死者続出。 続きを読む