大正7年の山崩れ

災害年月日
1918年08月30日
市町村
徳島県那賀町(上那賀町)
災害種類
土砂災害  
概要
大正7年(1918)8月30日、姥ヶ谷部落の裏山山腹崩壊により、1戸倒壊、2名死亡。(「柳瀬部落誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上那賀町誌編纂委員会編「上那賀町誌」(上那賀町、1982年)、1828頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
山腹崩壊 姥ヶ谷 死者 柳瀬部落誌
NO.
徳島340

よく似た災害

昭和40年の山崩れ

昭和40年(1965)3月、山腹崩壊のため、柳瀬橋が墜落。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む

承応元年の山崩れ

承応元年(1652)8月、柳瀬地区の裏山が崩壊し、民家6戸埋没。(「柳瀬部落誌」による) 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月、大地震により鎌たき山崩壊。(「成瀬部落誌」による) 続きを読む

昭和22年の山崩れ

昭和22年(1947)7月、山崩れに伴う土砂水で、拝宮の納屋が埋没し、牛が犠牲になる。(「拝宮部落誌」による) 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風により拝宮で1戸倒壊。(「拝宮部落誌」による) 続きを読む