昭和50年の台風16号

災害年月日
1975年08月23日
市町村
徳島県那賀町(木沢村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月23日の台風6号は村内各地に大きな被害を及ぼした。8月16日から23日までの総雨量は1,348ミリに達し、家屋半壊2戸、道路決壊14箇所、がけ崩れ110箇所となった。通信も途絶し、117戸の復旧に24時間を要した。被害額1億3,682万円余。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木沢村誌編纂委員会編「木沢村誌 後編」(木沢村、2005年)、681頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 崖崩れ
NO.
徳島343

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月9日~13日、台風17号により高知県は豪雨となり、仁淀川は大洪水となった。越知町では、道路67箇所、橋梁2箇所、河川28箇所... 続きを読む

昭和54年の台風16号

昭和54年(1979)9月30日の台風16号により、床下浸水8棟、田畑の流出・埋没0.5ha、冠水1ha、道路決壊16箇所、河川の氾濫など3箇所、がけ... 続きを読む

昭和49年の台風16号

昭和49年(1974)9月1日、台風16号により、住家の一部破損2棟、道路38箇所、がけ崩れ1箇所などの被害があった。被害額6,900万円。 続きを読む

昭和41年7月の大雨

昭和41年(1966)7月1日、大雨により、被害は道路4箇所、がけ崩れ1箇所、倉庫半壊1棟に及んだ。 続きを読む

昭和27年の洪水

昭和27年(1952)7月11日、洪水。10日~11日に175ミリ、堤防決壊5箇所、道路決壊11箇所、床下浸水1,230戸、水田埋没4町歩、冠水420... 続きを読む