昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
徳島県那賀町(木沢村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)の台風17号による集中豪雨のため、9月8日から13日までの総雨量は木沢村役場地点で1,500ミリ、岩倉で2,233ミリに達した。林道槍戸線では、飛石橋と笹原橋が流出または埋没するなど、決壊箇所は30箇所を超えた。被害額は3億2千万円にのぼった。勘場、笹原、焼山地区では過去に例をみない規模で山崩れが起こり、槍戸の瀬戸のカゲでは20haにも及ぶ大崩壊があり、槍戸川は崩壊した土砂が堆積して砂礫の川原となった。林地崩壊の原因は、奥地開発による多数の原生林の伐採にある。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木沢村誌編纂委員会編「木沢村誌 後編」(木沢村、2005年)、682-684頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 集中豪雨 槍戸 山崩れ 原生林の伐採
NO.
徳島344

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市付近に上陸し北上したため、中西部で雨量が多く、四万十川は洪水となった。久保川のカゲヂ地区で大崩壊があ... 続きを読む

昭和40年の大西のザレ

image

昭和40年(1965)9月10日、台風23号により、剣山で458ミリを観測するなど、高知県東部から徳島県西部にかけての山間部で豪雨があった。このため、... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により降り続いた雨で、日早では総降水量2,718ミリ、最大日降水量1,114ミリを記録した。木... 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号による肥土山地すべり

昭和40年(1965)9月10日から17日にかけて襲来した台風23号及び24号により、肥土山では連続雨量632ミリ、日最大雨量90ミリの記録的豪雨とな... 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)7月30日~31日、デラ台風が県北地方を荒らす。井川谷の集中豪雨(600ミリの降雨)により、井川谷で流失家屋9戸、死者・行方不明... 続きを読む