平成16年の台風18号

災害年月日
2004年09月06日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成16年(2004)9月6日午後3時頃、台風18号に伴う激しい雨により、助の助2号橋から約300m西側の国道195号で高さ5m、幅約40mにわたって崩れ、土砂約400立米が道路を覆った。また、午後7時頃、上那賀町白石の白石トンネルから約300m東で国道195号の山腹が高さ約5m、幅約15mにわたって崩れた。両現場付近は全面通行止めとなった。このため、迂回路の村道海川出原線が8日朝から時間制限で交互通行により通行可能となった。9月20日、国道195号の全面通行止めが解除された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木頭村誌編纂委員会編「木頭村誌 続編」(那賀町、2006年)、470-471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 助 国道195号 全面通行止め
NO.
徳島352

よく似た災害

昭和57年の山崩れ

昭和57年(1982)5月2日午後10時25分頃、助字日浦の保安林幅約60m、高さ約50mにわたって崩れ、国道195号が約70mにわたって埋まり、全面... 続きを読む

平成9年6月の土砂災害

平成9年(1997)6月23日、町内西峰の国道439号(1車線)が長さ約25mにわたって崩壊し、全面通行止めとなった。 続きを読む

平成14年の山崩れ

平成14年(2002)7月7日午後1時頃、折宇の折宇橋上の山肌が幅約30m、高さ約20mにわたって崩落し、国道195号は30mにわたって埋まり、全面通... 続きを読む

平成17年の山崩れ

平成17年(2005)2月21日、西宇で高さ200m、幅15mにわたり山腹が崩壊した。山腹上部から直径7mの岩が国道195号を直撃し、道路の川側約1.... 続きを読む

平成9年9月の土砂災害

平成9年(1997)9月17日、川井の国道439号で山肌の土砂が幅約50m、高さ40mにわたって崩落した。 続きを読む