平成16年の台風21号

災害年月日
2004年09月29日
市町村
徳島県那賀町(木頭村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成16年(2004)9月29日午前9時30分頃、台風21号の影響により、助の助2号橋から約100m東側の国道195号で山腹が崩壊した。このため、迂回路の村道海川出原線を時間制限による交互通行で利用することとなったが、10月4日に土砂除去作業が終了し、国道195号の片側通行が可能となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木頭村誌編纂委員会編「木頭村誌 続編」(那賀町、2006年)、471頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 助 国道195号 全面通行止め
NO.
徳島353

よく似た災害

平成16年の台風18号

平成16年(2004)9月6日午後3時頃、台風18号に伴う激しい雨により、助の助2号橋から約300m西側の国道195号で高さ5m、幅約40mにわたって... 続きを読む

平成5年の台風7号

平成5年(1993)8月10日、台風7号の影響により、国道32号の本町高須~徳島県山城町間で規制雨量を超え、同日午前11時半から通行止めとなった。 続きを読む

平成9年の落石災害

平成9年(1997)4月10日早朝、一宇村の土釜地区で落石災害が発生した。この落石は標高510m付近を発生源とし、斜面長350m、平均幅20m、高低差... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日午後6時15分頃、台風16号による降雨のため、新居浜市船木字関ノ戸の国道11号で法面崩壊があった。崩壊の規模は高さ約1... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月31日、台風16号による激しい雨のため、県道大川~大杉線が寸断し、国道32号の山城町~本町高須間も通行止めとなった。 続きを読む