昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年00月00日
市町村
徳島県阿南市(那賀川町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)、南海地震により地盤変動が起こり、那賀川から吉野川の河口にかけて20~30cm沈下したと言われる。堤防の復旧工事が昭和24年(1949)頃から始まった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
那賀川町史編さん委員会編「那賀川町史 下巻」(那賀川町、2002年)、97頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 那賀川 地盤沈下
NO.
徳島371

よく似た災害

安政元年の善徳地すべり

image

安政元年(1854)、地震により、善徳の山腹に崩壊が発生した。善徳地すべりはこれから始まったと言われる。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下は、海部郡海岸線一帯では北部で沈下量が大きく、南に向かうにしたがい漸減している。当郡一帯は地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、鳴門市では21~65cm、平均48cm沈下したと言われるが、特に塩田地帯及び里浦大手海岸一帯が顕著... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、徳島市では40~70cm、平均50cm地盤沈下し、異常高潮時には当市の約80%が浸水するに至ってい... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、板野郡では20~60cm、平均40cm地盤沈下したと言われるが、同郡東部の特に河内村、松茂村で顕著... 続きを読む